ただ、何となく。

アクセスカウンタ

zoom RSS 衝。

<<   作成日時 : 2006/07/24 18:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
わたしはこの日曜日、かなり衝撃的な体験をした。いや、普通の人にとっては衝撃でもないのかもしれん。まぁ、とにかく人生初の体験をしたのである。

久々に脱毛に行ったのだ。脱毛はひざ下全部とワキを頼んでいるのだが、セットでもう1箇所と言うのでどこにしようか悩んだ所、ビキニライン(Vライン)にしてみようと。別に誰に見せるでもないわけなので、やらなくても良かった気もするが、まあパンツからはみ出さなくて便利かと。んで、何が衝撃だったのかというと、その一つが紙ショーツだ。通常渡される紙ショーツは、グンゼとは言わないまでも、前後同じサイズですっぽり隠れるカタチになっている。でも、ビキニラインの処理だからか、渡されたのはTバック的な紙ショーツ。わたし、Tバックって履いたことないんですよ。なので、最初はどっちが前なのかわからず、TバックのT部分を前に履いて、プッと自分に吹き出してしまった。ア、アホだ・・・。でも、本当にこれで良いのか一応確認と、お姉さんに『これって隠れる方が前ですよね?』と聞いてしまった。お姉さん、優しく失笑の上『はい、そうです。』と。

さて、いよいよスタートである。ひざ下や、ワキは既に経験済みなのでなんてことなく完了。いざ、ビキニラインだ。お姉さんが『ビキニラインにプラスして、Iラインも出来ますが。』と言ってきた。Iラインって何だべさ?と思いながら、タダでやってくれるならと貧乏根性丸出しでお願いする。まずは、ビキニラインをシェーバーで短くカット。本来はこういうカタチにしてほしいと頼むらしいが、どういうのが良いカタチなのか知らないから、お任せする。そして、ビキニラインが終わったと思ったら・・・。

『では、右足を膝で折り曲げるカタチにお願いします。』と、足をくの字状態に!えーっ!Tバック状態でこの体制ですと、わたしのボボが丸出しになるのですがぁぁ!!!とココロの中で叫びつつ、恥ずかしいやら情けないやら、ジョリジョリとカットされた。こうなったら、なすがままだ。何でも来い!と思ったものの、いざ脱毛がスタートすると、痛いのなんのって。やっぱり肌の弱い部分は痛いんだね。飛び上がりそうな痛みに必死こいて耐え、無事完了。しばらくは放心状態で、現実が戻ってくるのに時間がかかりましたわ、はい。

家に帰って自分の股部分をすかさずチェック。すげー。毛がなくなってるぜ、おい。つーことは何かい、AV女優みたいになったってことかいなどと、少し感動しつつ、次回の脱毛日が恐怖に感じおののく。あの屈辱と痛みに耐えられるのかな、俺。

この日は、まつげパーマにも初挑戦。横になって目を閉じている状態で、約1時間の後に完了するのだが、これもまたすげー。くるんって今まで見たことない、自分のまつげ。技術の進歩だねー、文明開化だねー。いつまで続くかこの状態。観察日記つけなくてはならん。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
紙ショーツにTバックがあるっていうのにも、進化を感じます。しかしTって、最初は必ず、どっちが前か迷うものですよね。特にビキニラインの脱毛となると、処理する部分が多めに出るほうがやりやすいかなって、余計な気づかいしちゃったりして。笑
furu
2006/07/26 22:03
furuさま
初コメントありがとうございます!
そうなんですよ、全くその通りでございます。
ホント悩みましたよー。次回は10月なんですが、
またあの屈辱と痛みに耐えられるのか、
今からドキドキですわ。
のら
2006/07/26 23:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
衝。 ただ、何となく。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる